新規開業・経営改善

返さなくていい!それが助成金です!

使える助成金は
思った以上にたくさんあります!
事前に3つの条件をチェックしましょう

3つの条件

 

これからビジネスを始める場合

  • 地域再生中小企業創業助成金
  • 受給資格者創業支援助成金
  • 高年齢者等共同就業機会創出助成金
  • 再就職手当

詳細はこちら

 

従業員を新たに雇い入れる場合の助成金

  • トライアル雇用奨励金
  • 特定就職困難者雇用開発助成金
  • 高年齢者雇用開発特別奨励金
  • 地域雇用開発奨励金

詳細はこちら

従業員の雇用維持を図る場合

  • 雇用調整助成金
  • 労働移動支援助成金
  •  

詳細はこちら

 

従業員等の職業能力の向上を図る場合

  • キャリア形成促進助成金
  • 若者チャレンジ奨励金
    (若年者人材育成・定着支援奨励金)

詳細はこちら

その他助成金

  • 中小企業両立支援助成金
  • 中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金
  • 中小企業経営革新事業費補助金

詳細はこちら

 

J-NET

これからビジネスを始める場合の助成金

地域再生中小企業創業助成金
地域再生事業を行う法人を設立又は個人事業を開業し、就職を希望する65歳未満の者を雇用保険の一般保険者として1人以上雇用した場合に、新規創業に係る経費及び労働者の雇入れについて助成金が給付されます。

【厚生労働省】地域再生中小企業創業助成金説明ページ

受給資格者創業支援助成金
雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成します。

【厚生労働省】受給資格者創業支援助成金説明ページ

高年齢者等共同就業機会創出助成金
45歳以上の方が3人以上で、自らの職業経験等を活用すること等により、共同して新たに法人を設立し、労働者を雇入れ、継続的な雇用・就業の機会を創設した場合に、当該事業の開始に要した一定範囲の費用について助成されます。

【(独)高齢・障害者雇用支援機構】高年齢者等共同就業機会創出助成金説明ページ

再就職手当
雇用保険の受給資格者自らが、雇用保険の適用事業の事業主となって雇用保険の被保険者を雇用する場合や、事業の開始により自立することができると認められる場合についても、事業開始の日の前日における基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上あり、一定の要件に該当すれば支給されます。

【ハローワーク】再就職手当説明ページ

従業員を新たに雇い入れる場合の助成金

トライアル雇用奨励金
職業経験、技能、知識等から安定的な就職が困難な求職者について、ハローワーク等の紹介により、一定期間試行雇用した場合に支給されます。

【厚生労働省】トライアル雇用奨励金説明ページ

特定就職困難者雇用開発助成金(特定求職者雇用開発助成金)
高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部が支給されます。

【厚生労働省】特定就職困難者雇用開発助成金説明ページ

高年齢者雇用開発特別奨励金(特定求職者雇用開発助成金)
雇い入れ日の満年齢が65歳以上の離職者をハローワーク等の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部が支給されます。

【厚生労働省】高年齢者雇用開発特別奨励金説明ページ

地域雇用開発奨励金
指定の地域において、事業所の設置・整備を行い、併せて地域求職者を雇い入れる事業主に対して、設置・整備費用及び対象労働者の増加数に応じて一定額が支給されます。

【厚生労働省】地域雇用開発奨励金説明ページ

従業員の雇用維持を図る場合の助成金

雇用調整助成金
景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に支給されます。

【厚生労働省】雇用調整助成金説明ページ

労働移動支援助成金
事業規模の縮小等により離職を余儀なくされる労働者等に対し、民間の職業紹介事業者に労働者の再就職支援を委託し再就職を実現させた事業主に、助成金が支給されます。

【厚生労働省】労働移動支援助成金説明ページ

従業員の職業能力の向上を図る場合の助成金

キャリア形成促進助成金
雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練等の実施等を行う事業主に支給されます。

【厚生労働省】キャリア形成促進助成金説明ページ

若者チャレンジ奨励金(若年者人材育成・定着支援奨励金)
35歳未満の非正規雇用の若者を、自社の正社員として雇用することを前提に、自社内での実習と座学を組み合わせた訓練を実施する事業主に、訓練奨励金として訓練受講者1人につき月額15万円を支給し、当該事業主が訓練終了後、訓練修了者を正社員として雇用した場合に、正社員雇用奨励金として1年経過時に50万円、2年経過時に50万円が支給されます。

【厚生労働省】若者チャレンジ奨励金説明ページ

その他助成金

中小企業両立支援助成金(1~4)
(1)代替要員確保コース
育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業取得者を原職等に復帰させたときなど
(2)休業中能力アップコース
育児休業または介護休業取得者を円滑に職場復帰させることを目的として、復帰プログラムを実施したとき
(3)継続就業支援コース
育児休業取得者を原職等に復帰させ、1年以上継続して雇用したときなど
(4)期間雇用者継続就業支援コース
期間雇用者と正社員が同等の要件で利用できる育児休業制度、育児短時間勤務制度を就業規則に規定したときなど

【厚生労働省】中小企業両立支援助成金説明ページ

中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金(業務改善助成金)
事業場内のもっとも低い時間給を、計画的に800円以上に引き上げる中小企業に対して、賃金引上げに資する業務改善を行った場合に支給されます。

【厚生労働省】中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金説明ページ

中小企業経営革新事業費補助金
新規事業動向調査、新商品・新技術の開発、販路開拓、人材養成を対象に事業費が助成されます。(中小企業新事業活動促進法への認定が必要)